ダンスの悩み

ダンスの覚え方を解説【振り覚えを良くするコツありです】

ダンスの覚え方を解説【振り覚えを良くするコツありです】

ダンスの振り付けを覚えられなくて困ってる。
ダンスの覚え方を教えてほしい。

こんな疑問にお答えします。

記事を書いている僕のダンス歴は6年目。
これまでにはインストラクターなどの経験があります。

今回はそんな僕が、ダンスの覚え方や振り覚えをよくするコツについて解説するので、振り付けを覚えられず困っている方はぜひ参考にしてください。

では、本題に入ります。

ダンスの覚え方【カウントと歌詞です】

ダンスの覚え方【カウントと歌詞です】

そもそもの話として、ダンスの覚え方には2つのパターンがあることを覚えておきましょう。

  • パターン①:カウントで覚える
  • パターン②:歌詞で覚える

なお、上記は振り付けを覚えるときに限られたことではなく、振り付けをつくるときにも同じことがいえます。
順に見ていきましょう。

パターン①:カウントで覚える

カウントとは「ワン、ツー、スリー…」のように”音楽の拍子の数をかぞえること”ですが、これを理解しておくと振り付けの流れがつかみやすくなったり、音楽と動きをあわせやすくなったりします。

なぜなら、ダンスの振り付けはカウントにあわせてつくられることが一般的だからです。

ダンスの世界では「カウントの理解が第一歩」ともいえるので、以下の記事を参考に覚えておくとよいですね。
ヒップホップダンスのリズムの取り方を解説【カウントって何?】

パターン②:歌詞で覚える

ダンスをやっていない人からすると「歌詞に合わせて振り付けを覚える」という認識が一般的なのかなと思います。

特にカウントが数えにくい曲や、歌詞の世界観を表現したい場合には、カウントではなく歌詞に合わせて振り付けを作ることが多いです。

ただ、歌詞で振り付けを覚えるのはカウントで覚えるよりも複雑なので、初心者の方にはむずかしい気がします。
もし「歌詞で覚えるのはむずかしそう」と感じるなら、カウントで練習してみると覚えやすいかもしれないですね。

ダンスを覚えられない原因【3つで解説】

ダンスを覚えられない原因【3つで解説】

「振り付けを練習してもなかなか覚えられない」という方は、その原因を考えてみましょう。

よくある例は以下のとおりです。

  • 原因①:シンプルに経験値が少ない
  • 原因②:頭で考えすぎている
  • 原因③:できないことを放置してる

ご自身の練習を振り返りつつ、後半で紹介する「振り覚えをよくするコツ」を参考にしてみてください。

原因①:シンプルに経験値が少ない

申し訳ないですが、ダンス経験の浅い方は振り覚えがわるくても当然です。
理由は、ダンスの基礎基本がしっかり身についていないからです。

それから、ダンス経験者でも覚えにくくなる場合があります。
例えば、下記。

  • 新しいジャンルに挑戦するとき
  • 自分のレベルと合っていないとき

このように、まず最低限として基礎基本が身についているか、慣れていない動きやレベルの高い振り付けではないかがポイントになります。

いいかえると、覚えようとしているダンスの経験値があがれば、振り付けを覚えるのも楽になっていくはずです。

経験値の問題については「練習あるのみ」としかいえないですが、後半で紹介するコツも少なからず有効なので、ぜひ参考にしてみてください。

原因②:頭で考えすぎている

「次はなんだっけ」「ここはこうで」と、失敗をおそれて頭で考えすぎることも振り覚えがわるくなる原因です。

というのも、頭で考えすぎていると、振り付けを思い出すよりも音楽のほうが早かったり、思い出してもからだがついてこなかったりするからです。

そういう僕もダンス歴が6年目になりますが、恥ずかしながら、頭で考えすぎるとかえって動きが鈍くなることがあります(泣)。

ダンスは身体運動なので、頭を使わなくても意外とからだが振り付けを覚えていたり、反射的にからだが動いたりするものです。

それなりに頭を使って覚えてきたら、失敗をおそれずにどんどん踊り込んでみましょう。

原因③:できないことを放置してる

理由はわかると思いますが、できないことを放置するのはよくないですね。
できないことに気づけていないパターンもよくあります。

ダンスの振り付けは「動きから動きへのつながり」が大切なので、うまくいっていない部分があると全体の流れもわるくなるものです。

もしできない部分に気づいているのであれば、重点的に練習したりできるひとに聞いてみたりして、すぐに解決するようにしましょう。

なお、できないことに気づけていないパターンへの解決策は次でお話します。

ダンスの振り覚えをよくする5つのコツ

ダンスの振り覚えをよくする5つのコツ

これまでの内容をふまえて、振り覚えをよくする5つのコツを紹介します。
以下のとおり。

  • コツ①:ステップの練習をする
  • コツ②:全体の流れを意識する
  • コツ③:間違えても踊りきる
  • コツ④:弱点を見つけて練習する
  • コツ⑤:アプリを使う

なんとなくイメージはつくかもですが、順に解説していきますね。

コツ①:ステップの練習をする

日頃からステップの練習をしておくと、振り付けを覚えるときに労力をかけず覚えることができます。

なぜなら、ダンスの振り付けは、基本ステップや基本技を中心につくられることが多いからです。

実際に、アーティストのMVやプロダンサーの振り付けに基本ステップが使われることはよくあります。

どのステップが使われるかを前もって知るのはむずかしいですが、それなりにステップの練習をしておくと「あれ、これは前に練習したステップだな」という回数が増えていきます。

もちろん振り付けの動画をさきに見てから、実際に使われているステップを練習するのも効果的なので、ぜひやってみてください。

ヒップホップダンスのステップ47種を紹介【やってみよう】
ヒップホップダンスのステップ47種を紹介【やってみよう】ヒップホップダンスのステップにはどんなものがあるのか知りたいですか?本記事では、ヒップホップダンスで使われるステップ47種を紹介しています。ヒップホップダンスのステップを練習したい方はぜひ参考にしてください。...

コツ②:全体の流れを意識する

振り付けを覚えるにあたり、全体の流れを意識することは重要。
全体の流れとは、動きの流れでもあります。

よくある例で、「手足の角度は?」「からだの向きは?」と細部をはじめから詰めようとする人がいますが、非常に効率がわるいです。

もちろん完成度はあげるべきですが、その工程は、ひととおりの流れが踊れるようになってからにしましょう。

まずは全体の流れをざっくりとつかみ、すこしずつブラッシュアップです。

ワンポイント

全体の流れと聞くと「曲の最初から最後まで」を想像するかもですが、それだけではありません。

例えば「まずは1×8を踊れるようにしよう」「1×8ができたら、次の1×8と合わせて2×8を…」というふうに振り付けを区切り、区切った部分を全体と考えて踊れるようにするのも良い方法です。

おそらく初心者の方がいきなり最初から最後までを踊るのはむずかしいので、そういうときは「サビならサビ」と、自分なりに振り付けを区切って練習してみましょう。

全体と聞いて「曲の最初から最後まで」にとらわらないよう注意してください。

コツ③:間違えても踊りきる

振り付けを踊るにあたって、まちがえたとしても踊りきることが大切です。

というのも、ひとには苦手な部分がかならずありますが、そこだけのためにいちいち止まっていると、ほかの振り付けが覚えられないからです。

コツ②でもお話しましたが、まずは全体をざっくりと練習して、細部や苦手なところは踊りきってから練習するようにしましょう。

まずは、全体をとおして踊れるようになることがポイントです。

まちがえるたびに止まるクセがつくと、本番でも止まってしまうようになるので気をつけましょう。

コツ④:弱点を見つけて練習する

振り付けのなかで、よくまちがえてしまう部分や苦手なステップは部分的にしっかり練習しましょう。

さきほどまでは「全体の流れが大切」といいましたが、あえて弱点の練習をするときは例外です。

先生がいるならば先生に聞くことがいちばんですが、自主練習のときは自分のダンスを動画で撮ってみると良いです。

イメージと違かったりお手本とのズレに気づいたりするので、ぼくもよくやっています。

ここまでにお話した「全体をとおして踊る練習」と「弱点の克服」をくり返せば、かならず振り付けは覚えられるようになります。
振り覚えも改善していくので、以上を参考にしながら練習してみましょう。

コツ⑤:アプリを使う

いまの時代、便利なアプリってたくさんありますよね。
それはダンスも例外ではなく、振り付けを覚えるにあたり役立つアプリもいくつかあります。

なお、詳しいことは以下で紹介しているので、気になる方は参考にしてみてください。

まとめ:ダンスの覚え方を工夫して楽しもう

まとめ:ダンスの覚え方を工夫して楽しもう

記事のポイントをまとめます。

  • 振り付けはカウントや歌詞をベースにつくられる
  • 初心者の方はカウントで練習すると覚えやすい

振り付けがなかなか覚えられない原因を振り返りつつ、以下のコツを参考にしてみてください。

  • コツ①:ステップの練習をする
  • コツ②:全体の流れを意識する
  • コツ③:間違えても踊りきる
  • コツ④:弱点を見つけて練習する
  • コツ⑤:アプリを使う

できるステップ数やダンスの経験値に関しては、多少の努力も必要ですが、ダンスの覚え方はすこし工夫をするだけで改善されることがあります。
本記事を参考にぜひダンスを楽しんでくださいね。

というわけで、今回はここまでとなります。

ダンスを習慣にできるコミュニティ【RDC】

RDC(RYUHEI Dance Community)は、ダンス初心者の方が、基礎から学べるコミュニティを目指して立ち上げました。

  • 月会費はたったの500円
  • 追加料金いっさいなし
  • 週1回のオンラインレッスン
  • レクチャー動画見放題
  • その他特典あり

上達には、うまくなるための環境が重要です。RDCでダンスを習慣にして、脱初心者を目指しましょう!いまなら初月無料キャンペーン中

入会ページはこちら