ダンスのステップや技

【全19種】ヒップホップダンスで使える技【基本技から紹介します】

【全19種】ヒップホップダンスで使える技【基本技から紹介します】

ヒップホップダンスにはどんな技があるのか教えて。

こんな疑問に答えます。

記事を書いている僕のヒップホップダンス歴は6年ほど。これまでにはインストラクターなどの経験があります。

今回はそんな僕が、ヒップホップダンスで使える技19種を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

注意点:ステップは紹介してないです

本記事は、ヒップホップダンスでよく使われている技、つまり「テクニック」の紹介になります。

ステップについては【やってみよう】ヒップホップダンスのステップ33種を紹介で解説しているので、こちらを参考にしてください。

とはいえ今回紹介するテクニックは、広く使われているものが多いので、どちらも読んでおくと良いですね。

では、紹介していきます。

【まずはここから】ヒップホップダンスの基本技【4種】

【まずはここから】ヒップホップダンスの基本技【4種】

まずはヒップホップダンスの基本技です。

  • ①:ハンドウェーブ
  • ②:ボディウェーブ
  • ③:ヒット
  • ④:ポージング

上記を覚えると、後半で紹介するほとんどの技のベースを作ることができます。

基本技をしっかりマスターしてから難易度の高い技に挑戦することがおすすめです。

ポージングは技という技ではないですが、上達には欠かせないテクニックなので紹介しておきますね。

では、順に見ていきましょう。

基本技①:ウェーブ(ハンドウェーブ)

「ウェーブ」はヒップホップダンスに限らず、いろんなジャンルで使われます。波を打っているように見せるテクニックです。

上の動画はハンドウェーブ、つまり「手のウェーブ」ですが、ウェーブにはバリエーションがもっとたくさんあります。

次で「体全体を使うウェーブ」を紹介しますが、まずはハンドウェーブから挑戦してみましょう。

基本技②:ボディウェーブ

「ボディウェーブ」もいろんなジャンルで使われるテクニックです。
「ワーム」と呼ばれることもありますが、ダンスの基本技となります。

例えば、少し高度なテクニックに「ザ・フィラ」や「スネーク」という技がありますが、そういったテクニックのベースになるのが「ボディウェーブ」です。

かなり基本的な技になるので、しっかり身に付けておきましょう。

ボディウェーブのマスターには「アイソレーション」が重要です

実は、波(線)のように見えるウェーブですが、練習の段階では体の部位を1つずつ動かしています。

具体的に説明すると、「胸の出し戻し」「お腹の出し戻し」「腰の出し戻し」、こういった点の動きがつながり「線」になると、「ウェーブ」になるわけです。

ウェーブのマスターには、まず点の動きを覚える必要があり、そのためには「アイソレーション」を練習しなければなりません。

アイソレーションについては以下で解説しているので、参考にしてみてください。

【重要】ダンスの基礎アイソレーションを徹底解説【教科書です】
【重要】ダンスの基礎アイソレーションを徹底解説【教科書です】ダンスの基礎であるアイソレーションについてお困りですか?本記事では、アイソレーションのやり方や練習のコツについてまとめています。アイソレーションについて知りたい方は必見です。...

基本技③:ヒット

筋肉を弾くように動かすテクニックですが、慣れるまでは難しいと思います。僕もなかなかできませんでした。

とはいえ「ヒット」ができるようになると、表現できる音が増えるようになります。例えば、「パンッ」という弾ける音や「ズンッ」という音の表現です。

「ズンッ」と表現するには、力の入れ方を工夫する必要がありますが、まずは「パンッ」の音を表現するつもりで覚えてみましょう。体の筋肉が弾けるイメージです。

基本技④:ポージング

意外と見落とされますが、実は「ポージングができればダンスが踊れる」と言えるほど、ポージングは重要なテクニックです。

上記はアニメーションという踊りの動画で、アニメーションでのポージングを解説していますが、ヒップホップダンスにも同じことが言えます。

ウェーブの解説で「点と線」の話をしましたが、ポージングは点の動きです。ヒップホップダンスでは線の動きを求められますが、線のレベルを上げるには「点」の練習が重要。

決して派手な技ではないですが、研究すればするほどヒップホップダンスはかっこよくなります。

以上、まずはヒップホップダンスの基本技でした。

【全14種】ヒップホップダンスの技【難易度順に紹介】

【全14種】ヒップホップダンスの技【難易度順に紹介】

難易度とはいっても人によって得意不得意があるので、必ずしも順番通りに難しいとは限りません。すぐにできるものもあれば、難しいものもあるかもです。

とはいえ、経験上できない人が多いと感じる技があるので、僕の主観で簡単そうなものから紹介していきます。

技1:フライングターン

ウェーブと同様にアイソレ(基礎)の応用です。回る動作がかっこよくなります。

そこまで難しくはないですが、最初は腰の感覚が難しいかもです。

技2:ロボコップ

ロボコップもそこまで難しくはないと思います。最初だけちょっとややこしい感じです。

慣れてしまえば面白い動きなので、興味があればやってみましょう。

技3:スネーク

ボディウェーブの応用です。

基本技②で紹介したボディウェーブは縦型でしたが、スネークは横型。蛇のように体を動かします。

技4:ムーンウォーク

マイケルジャクソンですね。

極めたいとなると難易度は変わりますが、スタンダードなやり方であればすぐにできる人もいるかもです。つま先の体重移動を意識してみましょう。

「おっ!」と思わせる技を覚えたい方にはおすすめです。

技5:サイドウォーク

ムーンウォークの原理と似ています。横の動きに慣れないかもですが、ムーンウォークと一緒にマスターしておきましょう。

ムーンウォークやサイドウォークで「つま先に体重をのせるコツ」をつかむと、ヒップホップダンスの上達は早いです。

技6:ドルフィン

ハウスダンスの代表的な技ですが、ヒップホップダンサーで使う人も少なくないです。難しそうに見えますが、意外とできるようになります。

とはいえ、アクロバットな動きなので練習中のケガには気をつけましょうね。

技7:タッチウェーブ

タッチウェーブは、簡単そうに見えて難しい技です(個人的には)。

ウェーブをよりアピールするためのテクニックという感じで、使ってないヒップホップダンサーはいないんじゃないかなと思います。

必ず使わないとダメなわけではないですが、練習しておくと良いですね。

技8:コブラ

この辺から難易度は上がるかもです。体の使い方が難しい。

特に「コブラ」は、アイソレーションやボディウェーブに慣れてないと難しい技なので、まずは基本的な練習からやってみましょう。

技9:シェイク

難しそうに見えて難しい技です。動きがややこしいので、慣れるまでに時間がかかります。

シェイクは、それだけでダンススタイルができるくらい人気の技で、結構使っている人が多いです。

経験上、マスターするには時間がかかるので、ゆっくり動かし方を覚えていきましょう。

技10:ティッキング

地味に見える技ですが、かなり難易度は高いです。

とはいえ、アイソレやヒット、ポージングなどを含めた「点の動き」に慣れているとやりやすいと思います。

ティッキングは、どのレベルまで仕上げるかで難易度が変わるので、まずは上の動画からやってみると良いですね。

技11:マカコ

「マカコ」は、カポエイラから取り入れた技です。ハウスダンスやブレイクダンスでよく使われます。

ドルフィンは前を向いて飛ぶ技ですが、マカコは後ろ向きに飛ぶ技なので「恐怖心」との闘いです。

「意外と簡単」という人もいますが、個人的には難しいなと思います。とはいえ、アクロバットな技を覚えたい人はチャレンジしてみましょう。

※ケガには十分気をつけてくださいね。

技12:スローモーション

派手ではないですが、めちゃくちゃ難しい技です。ショーのアクセントや「わっ」と思わせるような魅せ方ができると思います。

なんとなくはできそうですが、かなり奥が深いので研究が必要です。

技13:エアポーズ

「スローモーション」と同様に、かなり奥が深いテクニックです。なかなかかっこよくできず、僕もいまだに上手くはできません。

ダンスのテクニックでは、地味なものほど実は意識することが多かったりするので、地道に練習していきましょう。

技14:タット

「タット」はダンスのスタイルとしても確立していて、手の動きだけで踊ったりすることを大きな意味で「タット」と言っています。

つまり、タットは1つの技のことではないということです。

色々なバリエーションがあり、シンプルなものから複雑なものまであるので、興味があれば練習してみましょう。難易度は、取り入れる動きによって異なります。

以上、ヒップホップダンスでよく使われる技14選でした。

ヒップホップダンスのステップ47種を紹介【やってみよう】ヒップホップダンスのステップにはどんなものがあるのか知りたいですか?本記事では、ヒップホップダンスで使われるステップ47種を紹介しています。ヒップホップダンスのステップを練習したい方はぜひ参考にしてください。...