ダンスの悩み

ヒップホップダンスを踊れる邦楽の曲10選【アンダーグラウンド系】

ヒップホップダンスを踊れる邦楽の曲10選【アンダーグラウンド系】

ヒップホップダンスを踊れそうな邦楽の曲を教えて。

こんな疑問にお答えします。

本記事では、ヒップホップダンスを踊れそうな邦楽の曲10選を紹介しています。

この記事を書いている僕のヒップホップダンス歴は6年目。これまでにはインストラクターなどの経験があります。詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。

注意点:新譜の音楽は紹介してないです。

本記事では主に「アンダーグラウンド」なヒップホップダンスを踊れる曲を紹介しています。

最近の曲、特にEDMのような音楽やトラップ系(新譜)、それからJ-Popについては触れていないのでご注意ください。

また紹介しているのは、すべて僕の個人的な好みです。有名なのに入っていないってこともあるかもなので、その点もご注意ください。

前置きが長くなりましたが、本題に入ります。

ヒップホップダンスを踊れそうな邦楽の曲10選

ヒップホップダンスを踊れそうな邦楽の曲10選

今回は邦楽の曲のうち「ヒップホップ/ラップ」に分類される曲10選を紹介しています。

前半では王道のヒップホップやチルなヒップホップを、後半では僕の好きな曲という感じで紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

それではさっそく見ていきましょう。(以下、「曲名-アーティスト名」)

①:Street Dreams – Zeebra

ジャパニーズヒップホップといえば「Zeebra」という人も多いかと思います。有名な曲ですが、やっぱりかっこいいですね。

MVのなかでもゴリゴリにヒップホップダンスが踊られているのでぜひご覧ください。

②:Still Shinin’ ALL DAY – Nitro Microphone Underground

「Still Shinin’ ALL DAY」も人気のある曲です。

ビートはわりと単調でラップ感の強い曲ですが、きっと盛り上がると思います。

③:B-BOYイズム – RHYMESTER

テンポは早めですがかっこいい曲です。実際に僕もこの曲で踊ったことがあります。

④:ココロオドル – nobodyknows+

タイトルにある通り、音楽がかかっている間はひたすら踊りたくなるような曲ですね。

アップテンポでテンションが上がるのでおすすめです。

⑤:Blue – 鈴木真海子

「Blue」は長澤まさみさん似の女性アーティストが歌っており、これまでとは打って変わってチルな曲調です。

初心者の人がいきなり「ゆるい曲」で踊るのは難しいかもですが、練習などでぜひかけてみてください。

⑥:BUDDY (feat. PUNPEE) – BIM

【⑤:Blue】と同じようにわりとチルな曲調ですが、ビートの感じも気持ちいいですね。

この曲もショーで踊るのは難しいかもですが、ヒップホップダンスでは気持ちいい音楽で「音に乗る練習」も大切なのでぜひ。

⑦:Pilot – DJ Mitsu the Beats

ここからは僕が特に好きな「アーティスト」の曲です。

まず「DJ Mitsu the Beats」はダンサーのあいだでは有名ですが、もしかすると知らない人もいるかもなので紹介します。

「Pilot」には歌詞がないですが、Mitsu the Beatsさんの曲はこういった特徴のものが多くビートもかっこいいのでぜひ。

⑧:Uncut Diamond – grooveman Spot

【⑦:Pilot】と同じようにビートのみの曲ですが、強めのビートでかっこいいです。

ショーのアクセントにもなる曲だと思うのでぜひ。

⑨:Take U To Somewhere – Ovall

パッと聴いた感じは海外アーティストっぽいですが、「Ovall」は日本人アーティストです。

僕は実際にこの曲でショーをしたことがありますが、かなり気持ちいいのでぜひ。

⑩:fmlead – FKD

「fmlead」は初心者の人には難しい曲かもですが、めちゃくちゃかっこいいです。

この曲に限らず、FKDさんの曲はおすすめなので以下からぜひ聴いてみてください。

ちなみに、「なんじゃこりゃ」っていう変化球もあるかもです。

https://music.apple.com/jp/artist/fkd/1438065096

まとめ:ヒップホップダンスを踊れそうな邦楽の曲は参考程度にどうぞ。

まとめ:ヒップホップダンスを踊れそうな邦楽の曲は参考程度にどうぞ。

本記事ではヒップホップダンスを踊れそうな邦楽の曲を紹介しましたが、あくまで参考程度にお願いします。

というのも、ヒップホップダンスとはいってもスタイルによっては踊れる曲が変わるからです。

僕はわりと「アンダーグラウンド」な感じで踊るので、もしかしたら今回紹介した曲では踊りのスタイルに合わない人もいるかもしれません。

あくまで参考程度です。とはいえ、かなりいい曲が多いのでぜひ聴いてみてくださいね。

今回は以上となります。