ヒップホップダンスの歴史

ヒップホップダンスの基礎知識を解説【最低限知っておきたいこと】

ヒップホップダンスの基礎知識を解説【最低限知っておきたいこと】

ヒップホップダンスの基礎知識を知りたい。最低限これは知っておくべきという基礎知識があれば教えてほしいな。

こんな疑問にお答えします。

記事を書く僕のヒップホップダンス歴は6年ほど。大学時代は舞踊学を専門にしており、ヒップホップダンスについても勉強していました。

今回はそんな僕が、ヒップホップダンスについて最低限知っておくべきポイントをお話します。

ヒップホップダンスの基礎知識を解説する

ヒップホップダンスの基礎知識を解説する

ヒップホップダンスをしている人が最低限知っておきたい基礎知識は以下の通り。

  1. ヒップホップダンスの特徴
  2. ヒップホップとは別のモノである
  3. ヒップホップダンスの起源

順に解説します。

基礎知識①ヒップホップダンスの特徴

まずは「ヒップホップダンスってどんなダンス?」を解説します。自分が踊っているダンスがどんなダンスか、くらいは伝えられるようになりたいですよね。

結論、ヒップホップダンスとは形にとらわれない”自由なダンス”です。

踊り手によって全く異なる踊り方をするので、一概に「ヒップホップダンス=これ」とは言えないんです。強いていうなら、「踊り手によって自由に表現されるダンス」がヒップホップダンスの特徴です。

確立しているスタイルもある

踊り手によって自由に表現されると言いましたが、なかには一種の踊り方として確立しているヒップホップダンスもあります。

踊り方のことを「スタイル」と言いますが、ヒップホップダンスのスタイルはたくさんあるので気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

ヒップホップダンスが踊り手によって自由に表現されるという意味がわかると思います。

ヒップホップダンスの種類15種を解説【区別が難しいです】
ヒップホップダンスの種類15種を解説【区別が難しいです】ヒップホップダンスにはどんな種類があるの?ジャズヒップホップとかスタイルヒップホップとか聞いたことがあるけどよくわからないな…。 こん...

基礎知識②ヒップホップとは別のモノである

世間ではよく一緒にされるのですが、実はよく言われている「ヒップホップ」と「ヒップホップダンス」は別のモノです。

詳しいことは触れませんが、ヒップホップとはストリート文化をまとめてくくった言葉であって、このなかにはロックやポップなどのダンスも含まれているんです。ヒップホップダンスも含まれます。

つまり、ヒップホップとはストリート文化すべてを指す言葉であって、ヒップホップダンスはストリートダンスの種類のうちのひとつであることはおさえておきましょう。

一般の方ならともかく、やっている人はこの違いを知っていないと恥かしいですよね。

基礎知識③ヒップホップダンスの起源

次はヒップホップダンスの起源についてお話しします。わかりやすくするために質問形式でまとめました。最低限の知識なのでぜひ覚えておきましょう。

質問①いつできたの?

1980年代の終わりごろです。参考までに周辺のできごとをまとめておきます。

  • 1980年代まで
    →ロックダンスなどのオールドスクールが流行。
  • 1980年後半
    →ニュージャックスイングという音楽が誕生。
    →それに合わせて踊るダンスが広がる。
  • 1980年代の終わりごろ
    →フリースタイルダンスが生まれる。
    →ヒップホップミュージックに合わせて踊ることからフリースタイルヒップホップダンスと呼ばれるようになる。
  • 1980年以降
    →今もなお新しいスタイルがどんどん生まれ続けている。

質問②どこで踊りはじまったの?

アメリカのニューヨーク州です。

質問③なぜできたの?

1980年代よりも前からあったストリートダンスを、ヒップホップミュージックに合わせて踊るようになったからです。

現在はいろいろな音楽で踊られるようになりましたが、当時はヒップホップミュージックに合わせて踊っていました。

それから、当時は『フリースタイルヒップホップダンス』と呼ばれていましたが、名前の通りヒップホップミュージックに合わせて自由に踊られていたからです。

重要人物

ヒップホップダンスの起源として外せない重要人物を紹介します。

ヒップホップダンスができた当時、レジェンドクルーと呼ばれるチームが2つありましたが、そのチームに属していたメンバーです。

  • クルー①
    ブッダストレッチ、ヘンリーリンク、カリーフ、イージョー、ルースジョイント、ピーターポール
  • クルー②
    マークエスト、ラバーバンド、プランサー、キート、ピーカーブー

基礎知識ということで、チーム名は伏せておきますね。メンバーの名前もなかなか覚えられないと思うので、徐々に覚えていきましょう。

覚えておきたいクルー

上記のメンバーのうち、ブッダストレッチ、ヘンリーリンク、ブルックリンテリーで形成された『エリートフォース』というチーム名は最低限覚えておきましょう。

理由は、日本のダンス界に大きな影響を与えたからです。

エリートフォースは1992年に「Remenber The Time(マイケルジャクソン)」のミュージックビデオ撮影のために結成されました。

1994年に彼らが来日しショーケースを披露したことがきっかけで、日本でも一気にヒップホップダンスの波が広がったんです。参考動画を貼っておくのでぜひ見てみてください。

ヒップホップダンスの基礎知識を深める方法

ヒップホップダンスの基礎知識を深める方法

ヒップホップダンスの基礎知識を理解してもらったところで、これらの知識を深める方法を紹介します。歴史は知れば知るほど面白くなるので、ぜひ勉強してみてください。

基礎知識を深める方法は以下の通り。

  1. オリジネーターから学ぶ
  2. WSで学ぶ
  3. 論文を読む

①オリジネーターから学ぶ

手っ取り早いのはヒップホップダンスを作ったオリジネーターから学ぶことですね。

テレビに出演されたりDVDでも学んだりできるので、作った方々の言葉を聞くことが1番リアルかなと思います。

参考までに、ヒップホップダンスが生まれた当時オリジネーターの方々が出演していたTV番組の映像とDVDを貼っておきますね。

「Wreckin’ Shop Live from Brooklyn(通称ALIVE TV)」

【DVD】 New School Dictionary

②WSで学ぶ

オリジネーターの方々はときどき来日してWSを開催してくれます。そういった機会に足を運び話を聞くことも勉強になりますよね。

どのタイミングで来日されるのかは、SNSなどを見ているとわかるかもしれません。

この投稿をInstagramで見る

See you there feb 24-28 class start at 4pm@JD school

Link Brian(@linkefc)がシェアした投稿 –

③論文を読む

ヒップホップダンスの論文も調べるとたくさん出てきますよね。

もしかすると歴史を知るという面ではあまり参考にならないかもしれませんが、ヒップホップダンスに関する論文に興味がある方はぜひ調べてみてくださいね。

まとめ:ヒップホップダンスの基礎知識を知ってやるべきこと

ヒップホップダンスの基礎知識を知ってやるべきこと

記事のポイントをまとめます。

ヒップホップダンスをしている人が知っておきたい基礎知識は以下の通り。

  1. ヒップホップダンスの特徴
  2. ヒップホップとは別のモノである
  3. ヒップホップダンスの起源

今回お話した基礎知識は最低限おさえてほしいポイントでしたが、これらを知ってやるべきことは歴史を自分なりに解釈して楽しむことです。

お話しした通り、ヒップホップダンスはヒップホップという文化の中のひとつです。バックグラウンドや音楽との関わり、変化を知りながら踊ると楽しみ方が増えると思います。

もしもっと勉強してみたいなと思った方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。今回の内容よりは少しレベルアップしています。

ヒップホップダンスの歴史をわかりやすく解説【誕生から現在まで】
ヒップホップダンスの歴史をわかりやすく解説【誕生から現在まで】ヒップホップダンスの歴史について知りたいですか?本記事では、ヒップホップダンスの歴史について解説し、ヒップホップダンスの種類や代表的なステップについてもまとめています。ヒップホップダンスの歴史を知りたい方は必見です。...

今回は以上となります。

ダンスを習慣にできるコミュニティ【RDC】

RDC(RYUHEI Dance Community)は、ダンス初心者の方が、基礎から学べるコミュニティを目指して立ち上げました。

  • 月会費はたったの500円
  • 追加料金いっさいなし
  • 週1回のオンラインレッスン
  • レクチャー動画見放題
  • その他特典あり

上達には、うまくなるための環境が重要です。RDCでダンスを習慣にして、脱初心者を目指しましょう!いまなら初月無料キャンペーン中

入会ページはこちら