ダンスのステップや技

【トゥループのやり方】ダンスの基本ステップをかっこよく踊ろう

【トゥループのやり方】ダンスの基本ステップをかっこよく踊ろう

こんにちは、リュウヘイです。
本記事では、ダンスの基本ステップ『トゥループ』のレクチャーをしていきます。

  • トゥループのやり方を知りたい
  • トゥループを練習してるけどうまくできない
  • トゥループをかっこよくみせるコツを知りたい

こういった悩みのある方は、ぜひ参考にしてください。

ちなみに、僕のダンス歴は6年ほど。
これまでにはインストラクターなどの経験があるので、そういった経験もふまえてレクチャーしていきます。

トゥループのやり方とカウントを確認しよう【動画あり】

トゥループの動きとカウントの関係は、下記のとおりです。

  • カウント1:ダウン
  • カウント2:ダウン
  • カウントEN:右腕のばす+右足UP+左足のかかとを内側へ
  • カウント3:ダウン
  • カウントEN:左腕のばす+左足UP+右足のかかとを内側へ
  • カウント4:ダウン

基本的なカウントの取り方と、動きの流れはこんな感じ。
1×8やりたいときは、上記をくり返せばOKです。

トゥループを上手に踊るコツ

最低限おさえておきたいコツは2つです。

  1. ENカウントにメリハリ
  2. つま先体重でやる

それぞれ解説していきます。

コツ①:ENカウントにメリハリ

トゥループの特徴である「手足をつける動き」をするのは、ENカウント(アップ)のときです。

「ダウン→ダウン→アップ→ダウン→アップ→ダウン」のメリハリがつくと見栄えが良くなります。

まずはオンカウントでしっかりダウンキープをすること。
そして、手足をつける動きに「キレ」を出すこと。

これらを意識して練習してみましょう。

コツ②:つま先体重でやる

「軸足のかかとを内側にずらす」のときは、体重を”つま先”に乗せます。

理由は、つま先を軸にすると、かかとのコントロールがしやすいからです。

もし”ベタ足”でかかとを動かそうとしても、体重がどっしり乗っているので動きがにぶくなります。

体重をつま先に乗せて”起点”をつくれば、かかとは軽くなりコントロールしやすいです。

できないときは手足を別々に練習してみる

どのステップを練習するときもそうですが、「どうしてもできない」というときは、動きを分解して練習しましょう。

トゥループの場合は、「腕を振る」「足をあげる」「軸足のかかとを内側にずらす」の3つの動きを同時におこなう点がむずかしいです。

  • ENカウントにあわせて「腕を振る」
  • ENカウントにあわせて「足をあげる」
  • ENカウントにあわせて「軸足をずらす」

このように分解して練習してみましょう。

トゥループをさらにかっこよくする方法

これから紹介する方法は、必ずできなければいけないわけではありませんが、「トゥループをもっと極めたいぜ!」という方はぜひ参考にしてください。

  • 腕をムチのように振る
  • お腹をしぼる感覚
  • 鎖骨のアイソレを使う

順に解説します。

①:腕をムチのように振る

実は、腕の振り方には決まった形がありません。
とはいえ、一般的には“ムチ”のように、「ビュン」と振る方法が使われます。

ここでも、ENカウントでのメリハリがつくと見栄えが良くなるので、メリハリを意識してやってみましょう。

②:お腹をしぼる感覚

ENカウントで手足を出すときに、右を出すなら右のおなか、左を出すなら左のおなかを「ギュッ」とよせる感覚でやってみましょう。

なぜかというと、上半身に“傾き”がつくので、シルエットがかっこよくなるからです。

上半身が棒立ちで固まってしまうと、全身で踊っている感じがしないので、よゆうがあれば意識してみてください。

③:鎖骨のアイソレを使う

上級者は、ENカウントで動きをつけるときに「鎖骨のアイソレーション」を使ってみましょう。

ふつうのやり方だと、はずむようにしてリズムを取りますが、頭の位置も上がったり下がったりしますね。

ここで、ENカウント(アップ)のときに鎖骨のアイソレを使い、“鎖骨から上半身を引き上げる”という意識でやると不思議な感じが出せます。

この方法に関しては、動画(9:11~)でも解説しているので、興味があればぜひ参考にしてください。

また、鎖骨のアイソレーションは、ダンスにおいて非常に重要な基礎なので、もしやり方がわからない方は下の動画も参考にどうぞ。

まとめ:トゥループをマスターしてかっこよく踊ろう

かんたんに復習しましょう。
トゥループを覚えるにあたり、最低限おさえておきたいポイントは下記の2つです。

  1. ENカウントにメリハリ
  2. つま先体重でやる

トゥループはそんなにむずかしいステップではないですが、もしできないときは「手足を別々に練習してみる」などの工夫をしてみるとよいです。

本記事で紹介した内容をふまえ、ぜひトゥループをマスターしてみてくださいね。

というわけで、今回はここまでとなります。

ヒップホップダンスのステップ47種を紹介【やってみよう】ヒップホップダンスのステップにはどんなものがあるのか知りたいですか?本記事では、ヒップホップダンスで使われるステップ47種を紹介しています。ヒップホップダンスのステップを練習したい方はぜひ参考にしてください。...