ダンスシューズを探す

【発表】アディダスでおすすめのダンスシューズ【用途別に紹介する】

【発表】アディダスでおすすめのダンスシューズ【用途別に紹介する】

adidas(アディダス)のダンスシューズを探してるんだけど、どんなシューズがあるのかな?
adidasでオススメのシューズを教えてほしい。

こんな疑問にお答えします。

記事を書いている僕のダンス歴は6年ほど。
これまでにはインストラクターの経験やコンテストでの受賞歴があります。

今回はそんな僕が、アディダスでおすすめのダンスシューズを紹介するので「アディダスのダンスシューズを見つけたい!」という方は、ぜひ参考にしてください。

【用途別】アディダスでおすすめのダンスシューズはコレ

シューズそれぞれに特徴があるので、下記の用途別にベストシューズを紹介します。

  • 初心者向け
  • レディース向け
  • 履き心地がいい
  • 強度が高い
  • すべりやすい

さっそくみていきましょう。

初心者向けNo.1:SUPERSTAR(スーパースター)
ヒップホップ界隈で愛される定番中の定番。
adidasのなかではわりと安価であること。
強度があり、どんなジャンルでも履ける、がおすすめの理由。
おすすめ度
値段 9,889
対象 メンズ/レディース
レディース向けNo.1:STAN SMITH(スタンスミス)
シンプルで高級感のあるシューズ。
オシャレであること。
特に女性ダンサーに人気であることがおすすめの理由。
おすすめ度
値段 9,889
対象 メンズ/レディース/キッズ
履き心地No.1:Campus(キャンパス)
「快適な着心地」と「高い機能性」がおすすめの理由。
初心者〜上級者までオススメのシューズ。
おすすめ度
値段 10,989
対象 メンズ/レディース/キッズ
強度が高いNo.1:Rod Laver(ロッドレーバー)
海外ダンサーやバトラーには超人気。
丈夫なのでガツガツ踊っても壊れない。
見た目はイマイチだが強度は最強。
おすすめ度
値段 10,989
対象 メンズ/レディース
すべりやすさNo.1:Munchen(ミュンヘン)
とにかくすべるシューズ。
上級者向けで、なかなか手に入らない。
おすすめ度
値段 不明
対象 メンズ/レディース

ダンスで履かれるアディダスのシューズとは?【一覧で紹介】

すでに紹介したオススメのシューズについてのくわしい特徴もふくめ、ダンスでよく履かれるアディダスのシューズをまとめました。

全7つです。

アディダスの定番『SUPER STAR』

アディダスの定番シューズといえば『SUPER STAR(スーパースター)』です。
ダンス入門の方やヒップホップファンによく履かれています。

「まず最初の一足」という方にはオススメのシューズです。

値段 9,889
サイズ 22.0〜31.0
特徴 伝統の一足/ヒップホップアーティスト御用達

シンプルで高級感のある『STAN SMITH』

シンプルな見た目から「ダンスで履いても大丈夫なの?」と思うかもしれません。

しかし『STAN SMITH(スタンスミス)』は、もともとテニスシューズとしてつくられたものです。

おなじように、瞬発的な負荷のかかるダンスでも、問題なく履くことができます。

値段 9,889
サイズ 22.0〜30.5
特徴 シンプルで高級感がある

なお、スタンスミスについては、口コミや機能性などをまとめた記事があるので、気になる方はこちらも参考にどうぞ。
【口コミあり】スタンスミスはダンスでも履ける?【結論:問題なし】

クセのないクラシックなスニーカー『Campus』

『Campus(キャンパス)』は、足の形にぴったりとフィットする高機能なインソール「OrthoLite®ソックライナー」が搭載されているシューズで「履き心地の良さ」が特徴です。

「ザ・スニーカー」的なシューズで、履き心地のよいシューズをお探しの方には『Campus』が向いています。

ちなみに、Campusもバスケットシューズを原型としてつくられたものなので、ダンスで履いても問題なしです。

値段 10,989
サイズ 22.0~29.5
特徴 履き心地のよさ

サッカーシューズとして誕生した『GAZELLE』

『GAZELLE(ガゼル)』にも、Campusとおなじ「OrthoLite®ソックライナー」が搭載されており、履き心地のよさに定評があります。

Campusとのちがいは?」というと、ざっくり下記のとおりです。

  • 耐久力
  • 脱ぎ履きのしやすさ
  • シルエット

結論として、「耐久力」と「脱ぎ履きのしやすさ」は『Campus』のほうが優れています。

そういえる理由は、2つのシューズの用途がちがうからです。

  • GAZELLE:サッカーのトレーニング用
  • Campus:バスケットボール用

細かくは省略しますが、トレーニング用とバスケットボール用では、後者のほうが耐久力は上です。

脱ぎ履きのしやすさについてはシューズの構造的にわかり、シルエットは、Campasは”やや広め”。GAZELLEは”細め”という感じ。

2つのシューズはよく似ていますが、上記をふまえ記事前半のオススメでは『Campus』を選びました。

値段 10,989
サイズ 22.0~29.5
特徴 履き心地のよさ/細身のシルエット

バトラーが愛用する『Rod Laver』

Rod Laver(ロッドレーバー)は、見た目こそちょっとイマイチですが、機能性はバツグンです。僕もかれこれ5年以上は愛用しています。

最大の特徴は、ガツガツに踊っても壊れない「ソールの強度」と「軽くてすべりやすい」こと。

なんともいえない見た目をのぞけば、とにかく快適なシューズなので、ガツガツ踊るぜ!という方にはピッタリです。

値段 10,989
サイズ 22.0~30.5
特徴 強度が高い/軽い/すべりやすい

とにかくすべるシューズ『Munchen』

Munchen(ミュンヘン)は「ふつうのスニーカーなら致命的」というほどすべるのが特徴で、上級者向けのシューズです。

実際、すべるシューズには「グリップが効きにくい」「ふんばれない」などのデメリットがあります。

とはいえ、グリップが効くと流れるような踊りがしにくくなるので「すべるシューズを履きたい」というダンサーがいるのも事実です。

値段 不明
サイズ 不明
特徴 超滑る

もし「すべるシューズ」に興味がある方は、以下の記事もぜひ参考にしてみてください。
滑る靴がほしい!よく滑るダンスシューズ3選を発表【希少です】

adidas×EXILE TETSUYA『DP.01』

EXILEの「TETSUYA」さんがadidasと共同で開発したダンスシューズです。

ダンス用というだけあり、フィット感・軽さ・通気性・クッション性といった機能面についての評価が高い。

長時間おどりつづけるパフォーマーの方や「EXILEのようにおどりたい」というダンサーには間違いないシューズといえます。

値段 8,580〜
サイズ 不明
特徴 ダンスのために開発されたシューズ

というわけで、今回は以上となります。
本記事が少しでも参考になれば幸いです。