ダンスのステップや技

【動画あり】ダンスの基本「ポップコーン」のやり方と応用を解説

【動画あり】ダンスの基本「ポップコーン」のやり方と応用を解説

こんにちは、リュウヘイです。
本記事では、ダンスの基本ステップである『ポップコーン』のやり方を、動画・テキストで解説していきます。

ちなみに、僕のダンス歴は6年ほど。
これまでにはインストラクターなどの経験があります。

今回はそんな僕が「ポップコーンのやり方を知りたいな…。」という方向けに、ポップコーンのやり方から応用までをわかりやすく解説するので、ぜひ参考にしてください。

動画での解説はこちらです

「文字よりも動画を見ながら練習したい」という方は、上記を参考にどうぞ。
なお、本記事では動画の補足と応用ステップも紹介しているので、動画とあわせてご覧ください。

ポップコーンとは?【ダンスの基本ステップです】

ポップコーンとは、足をキックしながら跳ねるような動きで、ダンスにおいては基本的なステップです。

名前のとおり「ポップコーン(お菓子)」のようにはじける動きが特徴で、さまざまなジャンルのステップに応用されます。

そんなポップコーンですが、基本形のやり方はすごく簡単。
これから練習方法を紹介するので、ぜひマスターしておきましょう。

ポップコーンのやり方

ざっくりとしたやり方は下記。

@ryuhei.d8

人気曲でヒップホップダンスのステップ『ポップコーン』をレクチャー✨YouTubeも要チェック✌️##bts ##dynamite ##ダンス ##とちぎ

♬ Dynamite – BTS

テキストにすると、以下のとおり。

  1. 右足をあげて準備
  2. 左足をうしろに引く+右足キック
  3. 右足をもとの位置に戻す+左足をあげて準備
  4. 右足をうしろに引く+左足キック
  5. ①~④をくり返す

なお、①・③で準備するときには、軸足(ついているほう)の”ひざ”を曲げておくことがポイントです。キックするときに、軸足が曲がっていないとうしろに引くことができないので、しっかり意識しておきましょう。

ポップコーンを覚えるコツ

以下のとおりです。

  • コツ①:落ち着いてリズムを取る
  • コツ②:エンカウントを意識する

具体的に解説します。

コツ①:落ち着いてリズムを取る

ポップコーンをやるときは、落ち着いてリズムを取ることが重要です。

よくポップコーンを教えていると、ピョンピョン跳ねすぎてしまう方がいますが、それはうまくリズムが取れていません。

具体的に、ポップコーンのリズム取りは「アップ」で、キックのタイミングでリズムを取ります。「準備→キック→準備→キック」のように、落ち着いて練習すれば跳ねすぎてしまうことはないので、ぜひ意識してみましょう。

なお、アップのリズム取りについてよくわからないという方は、下記の記事を参考にしてください。
【基本】ダンスのリズム取りを解説【苦手意識をなくす方法あり】

コツ②:コツ②:エンカウントを意識する

すでに話したとおり、ポップコーンは「準備→キック→準備→キック」の動きが連続しており、キックのタイミングでアップのリズムを取ります。

このときアップでリズムを取るためには、「エンカウントでしっかり準備しておくこと」が大切で、また、準備のときのポイントは、軸足(ついているほう)の”ひざ”を曲げておくことです。

つまり、「ひざを曲げる(エンカウント)→キック(アップ)→曲げる→キック」の流れがよくなると、上手にポップコーンができるようになります。

エンカウントで”ひざ”をしっかり曲げる」という意識でやってみてください。

ポップコーンを曲にあわせてやってみよう

基本的なポップコーンができるようになったら、曲にあわせてやってみましょう。ダンスのステップは実践で踊ったほうがしっかり定着します。

以下に、ポップコーンが使われている曲(動画)を2つ貼っておくので、ぜひやってみてください。

①:【MV】 EXILE/Choo Choo TRAIN

サビ(1:55〜)に使われてます。
Choo Choo TRAINにはダンスの基本ステップがたくさん使われているので、曲を完コピして踊ってみるとけっこう練習になるかもです。

②:【MV】 EXILE/EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~

Bメロのあたり(2:27~)で使われていますね。
Choo Choo TRAINと同様に、さまざまな基本ステップが使われているので、よゆうがあれば完コピしてみると良いです。

という感じで、ポップコーンはあらゆる場面で使われたり、派生して新しいステップになったりしています。

次では、ポップコーンが派生してできた応用のステップを紹介するので、あわせてやってみましょう。

ポップコーンを応用した動き

3つあります。

応用①:スリーステップ

ポップコーンの基本形を少しアレンジしたステップです。

実は「スリーステップ」は、そのまま「ポップコーン」と呼ばれることがありますが、本記事では、基本形と応用ステップを区別するため「スリーステップ」と呼んでいます。

この辺の正しい名称は不明なので、「ちょっとアレンジしたやつ」と覚えてもらえればOKです。

応用②:サルサロック

「ブレイクダンスの基本」と言われているステップ「サルサロック」ですが、ベースはポップコーンです。

動きが『応用①:スリーステップ』と似ているので、一緒に覚えてしまいましょう。

応用③:キックターン

上記の26秒くらいでやっているのがキックターンで、ポップコーンをしながら回るイメージです。難易度は高めですが、ぜひチャレンジしてみましょう。

以上、ポップコーンのやり方と応用ステップを紹介しました。ポップコーンは簡単かもですが、「基本がしっかり身についているか」で応用力が変わってきます。まずは基本をしっかり練習し、少しづつ応用ステップにもチャレンジしていきましょう。

というわけで、今回はここまでとなります。
本記事が少しでも参考になれば幸いです。

ヒップホップダンスのステップ47種を紹介【やってみよう】
ヒップホップダンスのステップ47種を紹介【やってみよう】ヒップホップダンスのステップにはどんなものがあるのか知りたいですか?本記事では、ヒップホップダンスで使われるステップ47種を紹介しています。ヒップホップダンスのステップを練習したい方はぜひ参考にしてください。...
ダンスを習慣にできるコミュニティ【RDC】

RDC(RYUHEI Dance Community)は、ダンス初心者の方が、基礎から学べるコミュニティを目指して立ち上げました。

  • 月会費はたったの500円
  • 追加料金いっさいなし
  • 週1回のオンラインレッスン
  • レクチャー動画見放題
  • その他特典あり

上達には、うまくなるための環境が重要です。RDCでダンスを習慣にして、脱初心者を目指しましょう!いまなら初月無料キャンペーン中

入会ページはこちら