ダンスバトルに興味がある

ダンスを即興で踊るための練習方法【うまく踊るコツも解説】

ダンスを即興で踊るための練習方法【うまく踊るコツも解説】

ダンスを即興で自由に踊れるようになりたい。どうすれば即興でも踊れるようになるの?

こんな疑問にお答えします。

記事を書いている僕のダンス歴は6年ほど。これまでにはインストラクターの経験があり、即興で踊るダンスバトルにも数多く参加しています。

今回はそんな僕が、ダンスを即興で踊る方法やコツについてまとめたので、「ダンスを即興で踊れるようになりたい!」という方はぜひ参考にしてください。

ダンスの即興とは?【苦手になる原因も解説】

ダンスの即興とは?【苦手になる原因も解説】

まず結論として、ダンスでいう即興とは、その場で流れた音楽に対してアドリブで踊ることです。

ダンスバトルでは、DJが音楽を流し、ダンサーがアドリブで踊りを見せあい、審判(ジャッジ)が勝敗をつけます。

一般的に、「即興で踊るのは苦手」という方はおおいですが、実は、即興で踊ること自体はむずかしくありません。

ただ、「上手に踊りたい」「かっこいいと思われたい」という気持ちがあるために、自信をなくす方は非常に多いです。

即興が苦手になる原因【上手に踊ろうとする】

あくまで僕の経験ですが、「即興で踊れない」「即興は苦手」と悩んでいる方のダンスを見てみると、「いや、踊れてるやん!」ということがあります。

また、クラブやパーティで、なにをやってるのかはわかんないけど、なんかノリノリに踊ってる人っていますよね。

実はこれも、立派な「即興」です。

おおくのひとは「上手に踊らなきゃいけない」「失敗できない」というように考えすぎています。しかし実際は、音楽を聴いてのることさえできれば、即興で踊るのはカンタンです。

まずは音楽を感じること

「即興で踊るためにはどうすればいいの?」という方は、ステップや技の練習ではなく、まず「音楽を感じること」から始めましょう。

たしかに、上手にかっこよく踊りたい気持ちはわかります。
しかし、ダンスにおいてもっとも大切なのは「音楽」です。

実際、どれだけダンスが上手くても、音楽にまったくあわない踊りをしていては、コンテストでもバトルでも評価は低いでしょう。

いきなり上手に踊ろうとしても苦手意識が増すだけなので、音楽を聴き、感じたままに揺れてみる。まずはここからです。

即興でも上手に踊るには「無意識」がポイントです

実は、即興で踊るときにやっているステップ等は、「コレをしよう!」と考えてやっているのではなく、「無意識に出ているだけ」です。

よくある勘違いで、即興で踊っているひとを見て「アイディアがたくさん出てくるのすごい」という方がいます。

しかし実際は、踊りながらつぎつぎにアイディアが出てくるのではなく、音楽を聴いて、からだが勝手に動いている感覚です。

「無意識で踊るなんてできるの?」と思うかもですが、よく考えてみると、ひとは日常生活で無意識にやっていることがたくさんあります。

「歯磨き」も無意識です

日常生活でいえば、「歯磨き」はスマホを見ながらでもできるので、ほぼ「無意識」にやってますよね。

しかし、そんな「歯磨き」でさえ、最初は親が磨いてくれて→すこしづつ磨き方を覚え→自分で意識してできるようになり→ようやく「無意識」でもできるようになるのです。

ダンスの即興も、最初はひとのダンスを見て→ステップのやり方や基礎を覚え→意識的に練習して習得し→反復することで「無意識」でもできるようになります。

基礎やステップを知る→意識して練習する→無意識にやってる

ダンスが上達するためには、このフローを理解しておくことが大切です。

それは即興の場合でもおなじで、上手に踊りたいのなら、「無意識レベルで上手に踊っていること」を目指しましょう。

無意識レベルに到達するまで、それなりに時間はかかりますが、あきらめずに練習すれば誰でも即興で踊れるようになります。

なお、無意識でも踊れるようになるための練習方法はこれからお話していきます。

即興でも上手に踊るための練習方法

即興でも上手に踊るための練習方法

下記の順番で練習してみましょう。

  1. ステップをしぼって踊る
  2. リズムを意識して踊る
  3. ボキャブラリーを増やす
  4. いろんな音楽で踊る
  5. 完全に自由に踊る

注意点として、「いきなり上手に踊れるようになる」ということは、100%ありえません。

ダンスは、反復練習をするうちにすこしずつ上達していくので、すくなくとも半年〜1年は上記の練習をくり返してみましょう。

では、練習方法についてくわしくお話していきます。

①:ステップをしぼって踊る

最初は、踊るときに使ってよいステップを3つ決めましょう。

たとえば、クラブステップ・ランニングマン・ロジャーラビットなど、好きなステップでOKです。

もしステップが思い浮かばないという方は、以下の記事を参考にして選んでみましょう。

ヒップホップダンスのステップ47種を紹介【やってみよう】
ヒップホップダンスのステップ47種を紹介【やってみよう】ヒップホップダンスのステップにはどんなものがあるのか知りたいですか?本記事では、ヒップホップダンスで使われるステップ47種を紹介しています。ヒップホップダンスのステップを練習したい方はぜひ参考にしてください。...

ステップを決めたら好きな音楽をかけ、そのステップだけで曲を踊りきります。

おそらく「つぎはどうしよう(汗)」「あ、ステップの形がグチャグチャになった(泣)」みたいな感じになりますが、最初はそれが正解です。

1曲ぶん踊りきったら、それぞれのステップのやり方を復習したり、単体で練習したりします。

そしたらまた、おなじステップで曲を踊りきる(曲を変えてもOK)。このくり返しです。

何度もくり返すうちに、焦らなくてもステップが踏めるようになるので、よゆうをもって踊りきれるまでは、この練習をくり返しましょう。

②:リズムを意識して踊る

《手順①》で決めた3つのステップで、『リズム取り』を意識しながら踊りきりましょう。

というのも、ダンスは「音楽」がつきものなので、即興でも上手に踊れる人ほど「リズム」「ノリ」を意識しているからです。

具体的には、「ダウン」や「アップ」のリズム取りがポイントで、ダンスが上手な人は、これらをベースにしながら、状況によってステップやリズム取りを応用します。

いきなりステップやリズム取りを応用するのはハードルが高すぎるので、まずは「ダウン」や「アップ」を意識しながら踊りきりましょう。

初心者の方の最初の目標は、「ダウンやアップを入れて踊りきること」でも良いですね。

すくなくとも、ダウン・アップのリズム取りを意識して踊れるようになれば、「素人っぽさ」はなくなるでしょう。なお、ダウン・アップのやり方は、以下を参考にして確認してください。

③:ボキャブラリーを増やす

ボキャブラリーとは「使いこなせるステップや技がどれだけあるか」の意味で、ダンスの世界では「ネタ」という人もいます。

僕としては、ボキャブラリーがおおい人ほど、即興で踊ることを楽しんでいて、さらに結果も残しているイメージです。

さて、ボキャブラリーを増やすための方法は以下のとおり。

  • その①:反復練習をする
  • その②:ステップを応用する
  • その③:リズム取りを応用する

くわしくお話します。

その①:反復練習をする

くり返しですが、即興で踊るときは「音楽」に集中していて、ステップは「無意識」に踏んでいることが理想です。

そこで、無意識レベルで踊るために、まず意識的な反復練習をおこないます。

具体的には、基礎やステップ・振り付け・《手順①,②》の反復練習をしましょう。

反復練習することで、無意識にできること、つまり「ボキャブラリー」が増えていきます。

その②:ステップを応用する

ボキャブラリーを増やすために、ステップを応用することも良い練習です。

たとえば、以下の動画(15秒〜)では、基本ステップ「チャールストン」を応用し、回転しながらステップを踏んでいます。

こんな感じで、ステップを反復練習しつつ応用もしてみると、バリエーションが増えます。
※ステップを応用するためには、基本の形ができていることが前提です。

その③:リズム取りを応用する

リズム取りの応用とは、リズムの取り方に変化をつけることです。

たとえば、下記の動画。基本的なリズム取りに「止め(ストップ)」「溜め」「遅取り」というテクニックを使っています。

こういった変化をくわえると、踊っている自分自身もダンスを楽しめますし、さらに見ているほうも「おっ」となります。
※ステップとおなじように、応用するためには、まず基本ができていることが前提です。

以上をふまえ、ボキャブラリーが増えていくと即興への苦手意識はなくなっていきます。時間はかかりますが、地道に継続することがいちばんの近道です。

④:いろんな音楽で踊る

ダンスバトルに興味のある方は、好きな曲や踊りやすいテンポの曲だけでなく、いろんな音楽で踊る練習もしましょう。

というのも、ダンスバトルで流れる曲は、そのときどきで早かったり遅かったりするからです。

そういった状況でも上手に踊りたいのなら、ふだんからいろんな音楽で練習して「対応力」を身につけましょう。

もし、ふだんヒップホップミュージックで踊っているなら、ときどきファンクミュージックで。ふだんファンクを聴いているなら、ときどきヒップホップで。

こんな感じで、さまざまなジャンルの音楽で踊ったり、むずかしいテンポの曲で踊ったりすると、即興への対応力が身につきます。

⑤:完全に自由に踊る

ときには「なにも考えずに自由に踊ってみること」も大切です。

なぜかというと、上手に踊ることだけを考えていると、「ウケをねらったダンス」に特化してしまうからです。これは「勝つための踊り方」ともいえます。

もちろん、ダンスで結果を残すことはすばらしいことです。しかし、それだけを考えていると、純粋にダンスを楽しむ気持ちを忘れてしまうので、ときには、なにも考えず好きな曲で自由に踊る時間もつくるようにしましょう。

ダンスを即興で自由に踊るときの3つのコツ

ダンスを即興で自由に踊るときの3つのコツ

即興で自由に踊るときのコツをまとめました。
もし参考になる部分があれば、実践してみてください。

コツ①:踊りきる

曲を流して練習するときは、「踊りきること」を意識しましょう。

というのも、自由に踊っていると「うまく踊れてないな」と感じてしまう瞬間があります。そのたびに踊りをやめてしまうと、「うまく踊れないと止まる」「うまく踊れることを気にしすぎる」というクセがつくからです。

反省は踊りきったあとでも遅くないので、まずは、流れている曲を踊りきることを意識しましょう。

ポイント:失敗すること

練習をするときは、失敗をおそれないことが大切です。
むしろ、どんどん失敗しましょう。

というのも、失敗をこわがって慎重になりすぎると、ダンスに自信がもてなくなるからです。

また実体験ですが、失敗をこわがってどれだけ慎重になっても、ひとはかならず失敗をします。

即興で踊るときはなおさらで、「最初から最後まで完璧に踊りきれた」なんてことはほぼありません。

失敗に慣れていないひとは、技術的なミスをしたときに「即興で踊るセンスがない」「即興が苦手」という考えになるのですが、それは違います。

堂々と踊ることや自信をもって表現できること自体が成功なので、技術的なミスを恐れて出しきれないのはモッタイナイです。

反省はあとからでも良いので、せめて踊っているあいだは「失敗を恐れずに踊りきること」を意識しましょう。

コツ②:シンプルに踊る

シンプルに踊るとは、ステップや技をつめこみすぎずに、1つ1つをはっきりおおきく見せましょうということです。

音楽に集中すると、楽器の音やボーカルの声など、さまざまな音を聴くことができます。それ自体は良いことです。

しかし、すべての音を表現しようとすると、動きをつめこみすぎてしまい、結果的に「どの音を表現してるの?」となります。

聴こえてくる音楽のうち、「どの音を取っているのかはっきり見せること」。これがポイントです。

コツ③:リラックス

即興で踊るときには、”いつも以上に”リラックスすることを意識しましょう。

それは、振り付けを踊るときとはちがって、即興だと、いつも以上に緊張するからです。

振り付けなら、まえもって練習して心の準備ができますが、即興の場合はそうもいかないですよね。

無駄に力んでいると動きがかたくなり、ダンスが小さく見えてしまいますし、音楽をよく聴くこともできなくなります。

息を吐いて、ふだん以上にリラックスすることを意識しましょう。

よくある質問:即興で踊るときは何を意識していますか?

僕が意識しているのは音楽を聴くことです。

ただ、音楽100%になってしまうとダンスができなくなるので、音楽を聴きつつ自分らしい表現もする感じです。

もしこれから即興にチャレンジするなら、「音楽を感じたままに表現する」を意識して踊ってみましょう。

まとめ:ダンスを即興で踊ってみよう【楽しむことが大切です】

まとめ:ダンスを即興で踊ってみよう【楽しむことが大切です】

記事のポイントをまとめます。

ダンスを即興で踊れるようになりたい方は、まず音楽にのってみることからはじめてみましょう。

さらに上手に踊ってみたい方やダンスバトルに挑戦してみたい方は下記の練習を試してみてください。

  1. ステップをしぼって踊る
  2. リズムを意識して踊る
  3. ボキャブラリーを増やす
  4. いろんな音楽で踊る
  5. 完全に自由に踊る

ダンスを即興で踊ることに対して、最初は抵抗があったり、結果がつくものだと難易度があがったりしますね。

とはいえ、大切なのはダンスや音楽を楽しむことです。

そもそも、即興で踊ることに、正解はありません。音楽を聴いたままに自分らしく表現することが正解なので、自信をもって楽しみましょう。

というわけで、今回はここまでとなります。
本記事が少しでも参考になれば幸いです。

ダンスを習慣にできるコミュニティ【RDC】

RDC(RYUHEI Dance Community)は、ダンス初心者の方が、基礎から学べるコミュニティを目指して立ち上げました。

  • 月会費はたったの500円
  • 追加料金いっさいなし
  • 週1回のオンラインレッスン
  • レクチャー動画見放題
  • その他特典あり

上達には、うまくなるための環境が重要です。RDCでダンスを習慣にして、脱初心者を目指しましょう!いまなら初月無料キャンペーン中

入会ページはこちら