ダンスシューズを探す

【ダンス用】エアマックスの人気ベスト3【選び方も解説する】

【ダンス用】エアマックスの人気ベスト3【選び方も解説する】

AIR MAX(エアマックス)シリーズってたくさんあるけど、ダンス用にはどれを選べばいいんだろう?

こんな疑問にお答えします。

記事を書いている僕のダンス歴は6年ほど。
これまでにはインストラクターやコンテストでの受賞歴があります。

今回はそんな僕が、ダンスでよく履かれている『エアマックスの選び方』と、人気のシューズ『ベスト3』をまとめました。

「ダンスシューズをエアマックスにしようか悩んでいる」という方は、ぜひ参考にしてください。

【ダンス用】エアマックスシリーズの選び方

「エアマックス」シリーズは種類がおおく、最終的には好みで決めてOKですが、ここでは最低限おさえておきたい”3つのポイント”をお話します。

その①:サイズは「大きめ」がおすすめ

シューズを選ぶときは、「ふだんのサイズ+0.5cm」で選ぶことをおすすめします。(甲高・幅広の方であれば、「ふだんのサイズ+1.0cm」でもOK。)

というのも、エアマックスのつくりは”小さめ”なので、ふだんのサイズだとすこし”きゅうくつ”に感じることがあります。

いちど試着するのが理想ですが、もし通販で購入するときは「0.5cmうえ」で購入するとよいです。
参考:NIKE公式「サイズ表」

その②:履き心地もしっかり確認する

ダンスシューズでは、「履き心地」も重要なポイントです。

あたりまえですが、履き心地がわるかったりフィットしてなかったりすると、気になってダンスに集中できなくなります。

エアマックスも、シリーズごとに履き心地がちがうので、見た目だけでなく「履き心地はどうか?」も確認しておきましょう。

その③:「ダンススタイル」と「重さ」の相性

履き心地とともに、「重さ」も大切なチェックポイントです。

エアマックスには「エア」が搭載されているので、「軽そう」というイメージがありますが、実は、軽いモデルと重たいモデルの両方があるので、しっかり確認しておきましょう。

補足:「重い=ダメ」ではない

「重いシューズはダメ」と思いがちですが、実は、かならずしも「重いシューズがダメ」というわけではないです。

たしかに、足をすばやく動かす「ハウスダンス」や、アクロバットを取り入れるダンスには、「軽いシューズ」が向いています。

しかし、地面に向かって踏みこむような「ヒップホップダンス」では、「重いシューズ」が人気です。

このように、ひとそれぞれで踊り方(ダンススタイル)はことなるので、「自分のダンススタイルと重さの相性」を考えるようにしましょう。

ダンスで履かれるエアマックスシリーズ一覧

ベスト3を発表する前に、ダンスでよく履かれるエアマックスシリーズを6つ紹介します。

  • エアマックス1
  • エアマックス90
  • エアマックス95
  • エアマックス97
  • エアマックス200
  • エアマックス オケト

シューズの特徴なども解説するので、購入前に確認しておくとよいですね。

エアマックス1

エアマックスシリーズ第一弾のモデルです。

履き心地
軽さ
クッション性

エアマックス90

僕の感覚では、「ダンサーの間でもっとも履かれているシリーズ」です。

とはいえ、実は「エアマックス90」は、エアマックス1を”よりファッショナブル”にしたモデルなので、機能性はほぼ変わりません。

履き心地
軽さ
クッション性

よほどシューズにこだわる方でないなら、在庫状況や好みで決めちゃっても良いのかな、という感じです。

エアマックス95

国内外で有名なヒップホップダンスチーム「Beat Buddy Boi」が着用していたシューズです。エアマックス90に続き、多くのダンサーが愛用しています。

90とのちがいは、「エア」がつま先の部分まで入っているため、「クッション性」「履き心地」がさらに高いことです。

履き心地
軽さ
クッション性

ダンスを長時間やる方には向いているモデルですね。

エアマックス97

ダンスにはあまり向いていないモデルです。
シューズが全体的にゴツゴツして硬いため、柔軟性がありません。そのうえ重いです。

履き心地
軽さ
クッション性

ダンススタイルにもよりますが、97か95で迷ったら、僕がすすめるのは95ですね。

エアマックス200

なぜかダンサーに人気が高くないモデルで、「知る人ぞ知るシューズ」です。

特徴は「クッション性が高い」「履き心地が良い」で、ほかのシリーズとおなじように、ダンスにも向いています。

履き心地
軽さ
クッション性

「ほかのシリーズとのちがいはなにか?」というと、「靴底」です。
下の写真をご覧ください。

エアマックス90・95は靴底がボツボツとしていて、200は平たい感じ。

おおきなちがいではないですが、なかには「ターンをするときは平らなシューズのほうが良い」ということで、200をオススメする方もいます。

エアマックス オケト

かなりシンプルなモデルです。
とはいえ、クッション性は変わらず、ダンスでも履くことができます。

また、シューズ全体がメッシュ素材なので、通気性はかなり良いです。

履き心地
軽さ
クッション性

ダンスにオススメのエアマックス【ベスト3を発表】

これまでの内容をふまえ、ダンスにオススメのシリーズを紹介します。

第1位:AirMax90
不動の人気モデル。
エアマックスシリーズの入り口にオススメ。
おすすめ度
値段 13,200(税込)~
対象 メンズ/レディース
第2位:AirMax95
エアマックス95につづく人気モデル。
長時間の練習でも疲れにくい点がオススメ。
値段はちょい高めなので第2位。
おすすめ度
値段 16,699(税込)~
対象 メンズ/レディース
AirMax Oketo
シンプルなデザインが特徴。
シリーズのなかではリーズナブルなので、第3位にランクイン。
おすすめ度
値段 8,800(税込)~
対象 メンズ/レディース

以上、ダンスでよく履かれているエアマックスシリーズについてでした。
本記事が少しでも参考になれば幸いです。